サイト全体脱毛Image Image

レーザーやフラッシュなどのメンズ脱毛が人気

サンプルイメージひげの濃い男性のメリットはあまりありません。
外国などではある程度の体毛やヒゲは男性のセックスアピールとして評価されますが、少なくとも日本ではその傾向はないと言っていいと思います。特に近年は、そういうタイプの男性は敬遠される傾向が強く、毛の濃い人の悩みの一因となっています。

それ以外でも、ヒゲそりに時間がかかる、カミソリ負けが酷くて辛い、老けて見られるなど、デメリットばかりが目立ちます。
ここ数年でエステやクリニックの行う脱毛の技術や脱毛機の進化が著しく進んだことで、脱毛をする人がかなり増えてきました。
脱毛ニーズのほとんどは女性と思われがちですが、実は男性で脱毛をする人が増えています。
脱毛機の発達で短時間・低料金で脱毛処理が可能になったことが大きな原因です。
それに伴い、メンズ脱毛サロンやメンズ脱毛をエステメニューのくわえるエステサロンも徐々に増えてきたので、選択肢が増えた結果、脱毛人口が急増したようです。

テレビCMなどで見かける大手のエステサロン以外に、小規模や個人がマンションなどで経営するエステ、美容外科や皮膚科などの医療脱毛クリニックなど、その施設や店舗数は相当数に上ります。
ただ、その割には髭の脱毛が思ったほど普及していないのには訳があります。
元来、女性の脱毛は身だしなみの一つであり、脱毛をしていることを隠す女性はいません。
脱毛サロンなどの情報交換なども、知人友人と気軽にやっています。
脱毛サロンを選ぶ方法の一つとして、知人からの口コミは大きな経路となっています。
しかし、エステなどの男性脱毛はコンプレックス解消のための手段として認識している方が多く、周囲の人に脱毛に通っているということを話す人はあまり居ません。
出来れば周囲の人には悟られないで脱毛を終了したいと考えている人が大半です。

体の脱毛、手足や胸などの脱毛は脱毛サロンに通っていても周囲には分かりません。
しかし、ひげ脱毛は脱毛していることが分かってしまいます。
それは脱毛処理後、脱毛処理をした部分が赤く腫れ、数日間は腫れが引かない状態が続くからです。(脱毛をしていることがバレなくとも、見た目が異様なので目立ってしまう)
これはレーザー脱毛やフラッシュ脱毛などの光脱毛で処理をした場合のことで、他の脱毛法の代表であるニードル法ではそのような状態にはならないが、今は光脱毛の方があらゆる面で優位なのでここでは光脱毛に限定して書いています。
この状態は某巨大掲示板などでは、ドロボウ髭と呼ばれていて、ひげ脱毛をする際のネックの一つとして認識されています。
では、どうしたらそのようなドロボウひげ状態を避けて脱毛することができるのでしょうか。

何故ヒゲの脱毛を迷ってしまうのか

サンプルイメージ最近の脱毛施設の傾向として脱毛料金の低下があげられます。このことは通う側のお客さんにとっては大変喜ばしいことなのですが、脱毛サービスを提供する営業側としては歓迎すべきことではありません。特にここ数年は業者間の料金の価格競争がし烈を極めていて、コースで何%オフというような料金体系が主流になってきました。中には期間を限定しての脱毛し放題プランや、期間を30年に設定してフリーで通えるプランまで登場しています。
脱毛を施術するのはもちろん会社などの営利団体ですから、利益を上げるためにはなるべくコストの圧縮を心がけます。そのためになるべく早く脱毛処理期間が終了するように強めの出力を設定した機械で脱毛処理を行う所が増えてきました。前述のひげ脱毛では、出力と脱毛処理後の施術部分の腫れは比例関係にあるので、これがネックとなって髭の脱毛を躊躇してしまう人が出てくるのです。今はほとんどの脱毛サロンでお試し照射をしてくれるので、テスト照射してその腫れが許容範囲を超えていると本契約をしないという結果になります。

では、どうしたら周りに知られずにひげ脱毛が出来るのでしょうか。
それは脱毛回数を増やして、多少の時間をかけて、少しずつ脱毛処理をしていくやり方です。
このやり方はコースでは営業側が嫌がる可能性があるので、1回ごとの都度払いで脱毛処理をしてくれるサロンでの話になります。男性の脱毛エステは女性の脱毛エステに比べて、都度払いの店舗の方が圧倒的に多いので、その点は心配いらないと思います。ただ、回数をかけるということはそれだけ脱毛費用がかかるということなので、その点が嫌な方はこの方法は採用すると不満が残る結果になると思います。それ以外の方には有用なやり方と思うので、他のページを参考にして是非ひげ脱毛にチャレンジしてみて下さい。

Copyright(c) 2011All Rights Reserved.croqueursdepommes10.org